自分を変える。そのための3つの方法。

 

わたしたちは、一足飛びで、
理想の自分や、憧れている人に

少しでも近づきたいと思いがちです。

 

けれど、

魔法のように、

すぐに理想の自分になれたり、
憧れている人にすぐに近づけたりするのは
なかなか難しいものです。

 

自分を変えるためにまず、知っていて欲しいこと。

 

そして、自分を変えるための3つの方法をお伝えします。

 

魔法

 

変わりたくても変われない理由

変わりたい……!

 

そう望んでも、人はなかなか変わることが出来ません。

 

それはどうしてなのでしょう……?

 

 

 

3日坊主で終わってしまう理由

変わりたい!と思って、

例えば、あなたがランニングを始めたとしましょう。

 

運動、形から、ランニング

 

続く可能性はどのくらいでしょうか……?

 

あることを始めても3日坊主で終わってしまう。

そんなことないですか?

 

それには、脳に秘められたある秘密?があるからなのです。

 

それは……

わたしたちには、

ある本能が備わっています。

 

それは、
「安定化指向」
と言うものです。

 

 

 

変化を妨げる安定化指向とは?

安定化指向とは、

現状を維持しようと強く働くものです。

 

どうして本能は現状を維持しようとするのでしょう?

 

それは、

 

わたしたちは、今でこそ平和な世の中にいますが、

 

太古の昔……

 

少しの環境の変化でも
生死にかかわることでした。

 

野生の動物を想像してみてください。

 

ある場所にいて同じ行動をしていたら、

食べ物も確保できて、
天敵から身を隠すことも出来ますが、

 

その場所から出て移動すると、
他の動物の縄張りに入ってしまい、
攻撃にあって命に関わることになったり、

 

食べ物も水も確保できない場所に行ったりして、
元居た場所(縄張り)に戻ろうとしても、
他の動物にその場所を

奪われている可能性があります。

 

そう……

 

その昔なら、
今まで生き延びてこられたこと
それこそが奇蹟なのです。

 

野生で生きているのなら、
現状を維持しても
生き延びられるかどうか……

だったのだから、

 

今まで生きられたことが奇蹟なのです。

 

ラッキー、運、運を味方につける、運が味方、幸運、強運、奇蹟

だから、わたしたちの本能は
強く現状維持をしようとします。

 

一気に「変わろう!」とすると
ダイエットのリバウンドのように
強く戻されてしまうのです。

 

 

変わるための3つの方法

ここからは、変わるための3つの方法を

見ていきます。

 

 

 

①安定化指向を騙す

 

安定化指向は現状を強く維持しようと

働くものです。

 

ダイエットのリバウンドのように、

短期間で一気に体重を落とそうとすると、

本能が元に戻そうと働き、

元の体重よりも増えることがあります。

 

安定化指向は、

伸ばしたゴムのように、

一気にもとに戻ろうとするのです。

 

 

この本能がある限り、

変わることは出来ないのでしょうか?

 

いいえ、

変われる方法があります。

 

祈り、望み

それは、

「安定化指向」をだますこと。

 

安定化指向は、
少しずつの変化には反応しません。

 

ダイエットも少しずつの体重の減少だと
リバウンドしませんよね。

 

変わるには、
「少しずつ」というのが
大切なキーワードになります。

 

 

 

②変わるためには緩むこと。

 

 

変わるために、頑張ったりしていませんか?

 

「絶対になる!」と力むと失敗したり、

 

普段以上に頑張って

何かをしようとすると、
逆にチャンスを逃したりしてしまう……
ということです。

 

あなたにも経験がないですか?

 

体育の授業で、

絶対にいいタイムを出そうと思ったら、
転んでしまったり……

 

試験で、絶対に頑張ろうと思ったら、
ミスをしてしまったり……。

 

仕事でプレゼンをするとき、
普段以上に気合を入れて頑張ろうと
思ったら、頭が真っ白になってしまい
言うことを忘れてしまったり……。

 

テストで、回答を思い出そう!思い出そう!

と思い込むほど、思い浮かばずに、

テストが終わってから思い出したりしたこと。

 

 

力むと失敗をするのは何故でしょう……?

 

 

それは、

「絶対」と思って力が入る……

ということは、
自分の力を無意識上、信頼していないからなのです。

 

自分の力を信頼してれば、
絶対に!と力まなくても出来るはずなのです。

 

人は、ゆるんだ時に

最高の力を発揮できるのです。

 

力が入っていない緩んでいる状態。

 

それは、

自分の力を信頼している状態のことです。

 

本来の自分を信頼出来れば、

頑張らなくても理想の自分になれるのです。

 

 

 

③潜在意識に思い描く

変わるためには、

変わった先の自分の姿を

潜在意識に伝えることが大切です。

 

何故なら、

潜在意識は自動目標達成装置と

言われるほど、思い描いたことを

叶えることが出来るからです。

 

潜在意識、顕在意識

 

 

わたしたちが、今の自分であるのは、

生まれてからこれまでの記憶がすべて

潜在意識に刻み込まれているからです。

 

過去の思いや、信念、両親からもらったもの、

周りの人からかけてもらった言葉や、態度などから

「わたし」が創り上げられています。

 

それを、

少しずつ変えていくことが

自分を変えることにつながるのです。

 

未来の自分を創り上げていくのは、

今の自分です。

 

まずは、未来の自分のイメージを潜在意識に伝えることです。

 

どんな自分になっていたいですか?

 

未来のあなたは、

誰にどんな言葉をかけてもらっていますか?

 

どんな家に住んでいますか?

 

どんな話し方をしているでしょう?

 

何色の洋服を纏っていますか?

 

誰と一緒にいますか?

 

大切な人とどのような時間を過ごしているでしょう?

 

未来の自分は、

今のあなたにどんな言葉をかけてくれるでしょう?

 

これらをイメージしてみてください。

 

そして、潜在意識に伝えていきましょう。

 

脳は、イメージと現実の区別がつきません。

 

思考(あたま)が「これは空想だよ。」と言わなくなるまで、

潜在意識に落とし込んでみてください。

 

もう大丈夫かな?

 

と思ったら、それは潜在意識に

刻み込まれた証拠です。

 

 

まとめ

変わりたい!

そう望んでも一気に変わることは

出来ません。

 

何故なら、

安定化指向という本能があるからです。

 

ダイエットのリバウンドのように

一気に体重を落としてしまうと、

後で必ずリバウンドがやってきます。

 

変わるためには、

安定化指向を騙すことが大切です。

 

少しずつの変化であれば、

安定化指向が働くことはありません。

 

おまけに可塑性という

変化を保持する本能があるので、

少しずつ体重を落としていけば、

それを維持しようと働きます。

 

そして、もう一つ大切なことがあります。

 

それは、絶対に変わってやる!と、

力まないこと。

 

人は緩んだ時に、本来の力を発揮出来るのです。

 

緩んだ状態で、潜在意識に「変わった先の自分」を

伝えていきましょう。

 

何度も何度も、イメージして伝えていきましょう。

 

潜在意識は自動目標達成装置です。

 

思考(あたま)からの抵抗がなくなるまで、

何度も、何度も伝えてあげましょう。

 

抵抗が無くなったら、

変われる日もそう遠くないはずです。

 

 

 

 

 

どんなに自分を好きになれないあなたでも 

愛されて大切にされるための

5つの魔法 

ヴィーナスチェンジセラピスト かずえ

 

image

 

 

あなたに、たくさんの幸運の女神が

微笑みますように・・・・・・

 

そして、すべての良きことが

雪崩のごとく起きますように……キラキラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事