いつも同じ人間関係に悩んでいる、その原因は……?

 

いつも同じ悩みを抱える理由とは……?

 

いつも同じ人間関係で悩んでいる……

 

そう話してくれたクライアントの女性Cさん。

 

職場でも、いつも同じような人間関係で

ストレスを抱えていたそうです。

 

 

 

Cさんのお話をお伺いしているうちに、

気付いたことがあります。

 

インナーチャイルド

 

 

幼少期の親との関係が

そのまま今、大人になったCさんが抱えている

人間関係につながっているということを……。

 

 

 

Cさんは、幼いころから

 

「母親との関係が

上手くいっていませんでした……。」

 

 

例えば、

本音で語り合えなかったり、

いつも決めつけられたり、

お母さんが自分の話ばかりをして、

話を聞いてもらえなかったり、

母親が娘を未だに子ども扱いしていたり……

 

 

職場の人間関係に

いつも悩んでいる……

 

夫との関係も、

冷めていて、

心が通っていない気がする……

 

と話してくれた、クライアントのCさん。

 

 

彼女は、幼いころ、

自分のことで

いっぱいいっぱいのお母さんに、

ひどい叱責を受けてきたそうなのです。

 

 

今は、軽く、

 

「あのときは、こうだったよね~。」

 

と、半ば笑い話のように、

お母さんに伝えるそうですが、

軽く受け流されるそうなのです。

 

 

お母さんは、変わらないんだ。

 

いつまでたっても、変わらないの……。

 

 

Cさんが子供の頃のね、

お母さんの気持ちを、

セッションの中で、探ってみました。

 

セッションの中で、

Cさんは、お母さんも一人の女性である。

ということを頭で理解は出来ました。

 

生活していくので、

いっぱいいっぱいで、

感情のコントロールもままならなくて……

 

 

Cさんに対して、

「悪いわ。やめなくちゃ……。

と思うのだけれど、

ついつい、当たってしまう。」

 

というお母さんの気持ちを

感じることが出来たのです。

 

 

親も神様じゃない。

完璧じゃない。

 

頭ではわかることが出来たCさん。

 

 

でも、心が、気持ちが

納得はしていない……。

 

 

 

そのあとは、

どうすれば、幸せになれるの……?

 

インナーチャイルド

 

 

溢れる感情を解放する方法。

 

子供の頃のお母さんの気持ちを

理解することが出来ても、

感情は収まりません。

 

 

 

人によっては、

強い怒りの感情が

沸いて来ることもあります。

 

 

感情が沸いてきたら、

どうすればいいのでしょう……?

 

 

 

感情が沸いてきたら、

 

そのあとは、

沸いてきた感情を解放し、

 

そして、

 

子供のころの感情の

解放をしてあげるのです。

 

 

 

例えばね、

クッションか、ぬいぐるみ、

 

又は、

 

座布団を用意して、

そこに当時のお母さんが

目の前いるとイメージする。

 

 

用意が出来なかったら、

「わたしが、○歳だったころの

お母さんが座っている。」

と声に出して言います。

 

○歳だったころのお母さんが

目の前に座っているとイメージします。

 

 

そうしてね。

沸いてきた感情を、

思いっきりぶつけるのです。

 

(今のお母さんに言っても

理解されなくて傷つく場合があるので、

イメージのお母さんにしてくださいね。)

 

セッションでは、

ここで

お母さんの中に入っていって、

お母さんになり切ります。

 

自分に感情をぶつけられた側になるのです。

 

これをね、人格交代といいます。

 

 

こうして、

幼いころからうん十年と我慢してきた

感情を出してあげる……。

 

 

それがね、

幸せになる第一歩。

 

 

我慢してきたものを出してあげる。

 

解放してあげる。

 

手放してあげる。

 

 

開花

 

 

幸せになるための4つの段階。

 

わたしたちひとりひとりの

土台……。

 

それは、潜在意識のことなのですが、

 

 

 

そのベースになるものがね、

わかりやすく例えると、

土壌だったとしますね。

 

 

 

今まで、

有害物質(我慢して溜めてきた感情)で

いっぱいだった土壌が綺麗になっていく。

『幸せへの第一段階』

 

 

するとね、

次に、耕し、肥料を混ぜることが出来るんですよ。

自分を大切にし、愛し、満たすこと。

『幸せへの第二段階』

 

 

そのあとに、

どういう幸せを掴みたいか、

どういう自分になりたいかの

種をまくことが出来る。

『変わるための第一段階』

 

 

種を蒔いたらね、

お世話をして、

雑草(幸せから遠ざかる癖や信念)を抜いて。

『変わるための第二段階』

 

 

って幸せに変化するためには、

ステップがあるんですよ~^^

 

 

この4つの段階をね、

螺旋階段のように、くるくる回りながら

幸せに変化、成長していくのです。

 

 

わたしたちは、

幸せになるために、生まれてきました。

あなたも幸せに変化、成長していきませんか?

 

理想の自分、なりたい自分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事