願いを叶える3つの方法

幸せを望んでいるのに、幸せになれない。

 

豊かさを望んでいるのに、ちっとも豊かになれない……。

そう感じることはないですか?

 

今回は、願いを叶えるために重要な3つの方法について
お伝えします。

 

願いを叶える3つの方法

 

1つ目. 願いを叶えるためには、波長を合わせる。

 

波長……
というと、少しわかりにくいかも
しれませんね。

 

ここではラジオの周波数を
思い浮かべてみてください。

 

ラジオ局に周波数が合っていないと、
番組が聞こえなかったり、
聞こえても雑音が入ったりしますね。

 

この雑音が、
願い事を叶えるときに邪魔をするものです。

 

望み、願いの実現、願い

 

この世界は、
同じ波長同士のものが引き合うように
なっています。

 

そして、同じ周波数同士のものが
そこで生きているのです。

 

わたしたちは、
昆虫と意思疎通を図ったり、
愛し合ったりすることはないですよね。

 

つまり、
昆虫とわたしたちとは、
波長が異なるのです。

 

犬や、ネコなどの動物たちは、
わたしに愛を与えてくれます。

 

愛という波長が、そこにはあるのです。

 

友人、知人もそうですね。

 

波長が合う人同士が、
集まって、良い関係を築いていけるのです。

 

つまり、

波長が合わないもの同士は、

引き合ったとしてもほんの一瞬のことです。

 

いつかは離れていく運命にあるのです。

 

これは、

「引き寄せの法則」にも当てはまることです。

引き寄せられるのは波長が合ったものなのです。

 

2つ目. 潜在意識にある「雑音」を取り除く

 

願いの実現には、

波長を合わせることが大切です。

 

波長を合わせるためには、

潜在意識にある「雑音」を取り除く必要があるのです。

 

 

(1)潜在意識と顕在意識

わたしたちの意識はイメージとして、
下にあげるふたつの層に分かれています。

 

☆顕在意識(善悪、好き嫌い、したい、
したくないなどを判断する意識)

 

☆潜在意識(いわゆる無意識)

潜在意識、顕在意識

顕在意識は、短期記憶メモリーのようなもの。

 

何度も見聞きしたり、行動したりする中で、
長期記憶に相当する、潜在意識の中に
溜め込んでいきます。

(と、言われていますが、わたしたちは
今まで経験したこと全てを潜在意識に
溜め込んでいる……。という説もあります。)

 

潜在意識は、パソコンで言うと、

ハードディスクのようなもの。

 

一生消えない、大容量のメモリーディスク。

 

この一生消えない大容量の

メモリーディスクに子供の頃に言われた言葉や、

周りの大人たちからされたこと、

してもらったこと、

教えられた行動など

 

すべて記憶されているのです。

 

子供、悲しい、寂しい、子供の頃、記憶

 

(2)雑音の正体は?

潜在意識に記憶されているものには、

あなたにとって良いものもあれば、悪いものもあります。

 

例えば、
「あなたは、おばあちゃんそっくりでかわいくないわね。」

 

とか、

 

「あなたをもらってくれる人なんて
いないわよ。」

 

とか、

 

「お金持ちはろくな人間はいない。」

 

なんて、言われていたとしたら……。

 

 

これらが、潜在意識にある雑音となって、

いくら幸せを望んでも、

豊かさを望んでも、

 

「わたしは、かわいくないから幸せになれない。」

 

「わたしなんかをもらってくれるひとなんて
いない。」

 

「お金を持つことは良くないことだ。」

 

などと、望んだことを妨げる原因となります。

 

幸せ、結婚

 

この雑音があるといくら願っても叶わないのです。

 

逆に言えば、

この雑音さえクリアになれば、願いはどんどん叶うのです。

 

そう思うと、希望が持てませんか?

 

願いを叶える方法は、

潜在意識にある雑音を無くして、

そして、シンプルに願うことです。

 

 

(3)雑音をクリアにしていく方法

 

雑音をクリアにしていく方法は、

自分で出来る方法とセラピストに施術してもらう方法が

あります。

 

この2つをご紹介しますね。

 

≪自分で出来る方法≫

まず、願いを妨げている雑音を特定します。

 

それには、願いを唱えた時に

どんな気持ちになるかを感じてみることです。

 

例えば、

「幸せな結婚をしたい。」

と望んでいるのであれば、

 

「わたしは、幸せな結婚をしてもいい。」

と言ってみてください。

 

「もっとお金が欲しい。」

と望んでいるのであれば、

 

「わたしは、もっと収入を得てもいい。」

あるいは、

「わたしは、もっと豊かになってもいい。」

と言ってみてください。

 

その時、どんな気持ちがしますか?

 

満たされない気持ち、置きざり、悩み

 

利き手の手のひらを首に当ててみてください。

 

どんな感じがしますか?

 

次に、胸、お腹の順にゆっくりと
動かして当ててみましょう。

 

そして、違和感を感じたところで、
手を止めてその感覚を味わってみましょう。

 

その感覚に
「大丈夫だよ。わたしが傍にいるよ。」
と語りかけてあげてください。

 

しばらく手を当てて、
感覚を感じてみてください。

 

それから、もう一度
「わたしは、幸せな結婚をしてもいい。」

「わたしは、もっと収入を得てもいい。」
あるいは、
「わたしは、もっと豊かになってもいい。」

と唱えてみてください。

 

どんな感じがしますか?

 

これを、違和感が無くなるまで、
毎日続けてみましょう。

 

≪セラピストに施術してもらう方法≫

こちらはヒプノセラピーという方法で、
施術していく方法です。

 

願いを妨げる雑音が潜在意識に出来たのは、
いつでしょう?

 

例えば、
「あなたは、おばあちゃんそっくりでかわいくないわね。」
のは、何歳の頃でしょう?

 

「あなたをもらってくれる人なんて
いないわよ。」
とか、
「お金持ちはろくな人間はいない
と言われたときの記憶をセラピーで
呼び覚ましていきます。

 

そして、その時感じた感情を再び、
当時の自分になって思い出し、
解放、解消していくのです。

 

子供の頃、子供の頃の気持ち

 

本当は、どんな気持ちを抱いたのでしょう?

 

「おばあちゃんそっくりでかわいくない。」

と言われたとき、

 

「そんなこと言わないでほしかった。」

 

「おばあちゃんの悪口を言わないでほしかった。」

 

「かわいくないなんて言ってほしくなかった。」

 

これらの気持ちを抱いたのだとしたら、

 

ぐっと飲みこんで、今まで潜在意識の中にしまってあった感情を
口に出して言ってみる。

 

そうすると、ぐっと飲みこんでしまってあった感情が解放、解消されていきます。

 

一度、解放、解消されるともう元に戻ることは
ありません。

 

あなたの願いの実現を妨げていた雑音は
潜在意識の中から消えていくのです。

 

 

3つ目. 願い事を潜在意識に落とし込む

 

願いを叶えるためには、
潜在意識の中に、
強い願望を持って落とし込むことが大切です。

 

本当に叶えたいですか?

まず、本当に叶えたい願い事なのかがポイントです。

 

その願い事は、
本当に心から叶えたいと思っているのでしょうか?

 

周りの人が叶えているから、
周りの人が叶えた方がいいと言っているから……。

 

と、自分自身の気持ちでない場合は、
いくら願っても叶うことはありません。

 

本当に自分自身の願いである場合。

願い事を潜在意識の中に落とし込んでいきます。

 

願い事を紙に書き出して、
これを21日間唱え続けます。

 

朝、起きてすぐの時、
そして、夜寝る前のリラックスした状態の時、
願い事を唱えます。

 

これは、車の運転時に唱えてもいいし、
お料理をしているときに唱えるのもいいです。

 

なぜかというと、
朝起きてすぐの時や、
夜寝る前のリラックスした状態の時、
車の運転や、お料理をしているときは、
潜在意識の扉が開きやすい状態だからです。

 

願い事を録音して、
スマホなどで聞くこともいいでしょう。

 

潜在意識に落とし込むことが
出来たら、あとは直観に従って
動くことを意識してみてください。

 

潜在意識は自動目標達成装置と言われています。

 

直観は、願いを叶えるために
行動をするためのサインです。

 

潜在意識、無意識

 

まとめ

願いを叶えるためには、
願いがかなった先の周波数(波長)と合わせる必要があります。

 

ラジオの周波数のように、
人、動物、物には、固有の周波数があります。

 

この世界は、
同じ波長同士のものが引き合うように
なっています。

 

もし、願いが叶わないとしたら、
願いの周波数に雑音が混ざっているのかもしれません。

 

その雑音を取り除き、
願いを潜在意識に落とし込み、
直観に従って行動していったら、
願いはいつか叶うようになっています。

 

いつか……。

 

というのは、人によっても、
願いの種類によっても、叶えるのにかかる時間は
それぞれだからです。

 

潜在意識にある願いを妨げる雑音を取り除き、

 

願いを21日間唱え続けてみましょう。

 

願いが叶う日はもうすぐです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事