fbpx

うまくいかない時どうすればいいの?好転させる3つの方法!!

全部取り替えちゃいたい!!

 

そんな気持ちになることないですか?

 

 

うまくいかない時、職場や、人間関係、

今、住んでいるところ。夫婦関係だったり。

 

すべてを投げ出したくなること、あるかもしれません。

 

ですが、

職場でうまくいかない場合、いきなり仕事を辞めてしまっても、

その後もうまくいかない可能性がありますね(; )

 

夫婦関係がうまくいっていない場合、

いきなり離婚をしてしまったら……

 

その後の生活はどうなるのでしょう?

 

一人で生きる、別離、歩む、人生、女性

 

例えば、喧嘩をして、

一時の感情から離婚をしてしまったら、

後から後悔するかもしれません……

 

 

うまくいかない時って、

 

全部取り替えちゃいたい!!

 

そんな思いに狩られることもあるかもしれないですね。

 

 

ここまで極端じゃなくても、仕事でミスをしたり、

言葉の行き違いなどの誤解で、

人間関係をこじらせてしまったとき、

 

「どこか、遠くへ行ってしまいたい!!」

 

「穴があったら、入っていたい!!」

 

「隠れてしまいたい!!」

 

そんな思いが浮かんできて、自分を責めてしまうかもしれません。

 

ですが、自分を責めても何も解決しないどころか……

 

自分を責めて、後ろ向きな思いを持ちながら出した答えは、

後ろ向きな答えしか出ないものです。

 

うまくいかないのには、原因があります。

 

そして、原因がわかればそれを克服する方法も見つかります。

 

ここでは、うまく行かない5つの原因と、

その克服方法を3つお伝えしますね!

 

 

うまくいかない5つの原因

①うまく行かない周期だから。

 

人は、宇宙の流れの中で生きています。

 

バイオリズムがあります。

 

バイオリズムが低い時に、能動的に動くことは宇宙の理に叶っていません。

 

身体エネルギーが低い時に、身体を休ませないで動いていると、

疲れが溜まってきます。

 

疲れが溜まった状態で、さらに動くとストレスが溜まって行きますね。

 

それが、悪循環になり、うまく行かない連鎖になっていきます。

 

これは、精神面も同じです。

精神面にもバイオリズムがある。

 

下がっている時に、無理に人と会っていると、ストレスになりますね。

 

 

②やりたくないことを無理にやっているから。

やりたくないことを無理にやっていると、

これもストレスになりますね。

ストレスが溜まると、物事をスムーズに進められなくなります。

 

そして、物事が進まないと、余計ストレスに。

 

イライラして、ミスにつながっていくことにもなりかねません。

 

③相性が良くないから。

 

人間関係でうまく行かない場合や、

仕事でうまく行かない場合。

 

相性の問題があります。

 

苦手な人に合わせていても、自分を押し殺すことになりかねないですよね。

 

そして、仕事もそうです。

 

人には、向いているもの、向いていないものがあります。

 

これは、慣れ次第で克服できることも多いものです。

 

ですが、

そもそも仕事が好きではなかったら、

慣れようと努力する気持ちになれないですよね。

 

辛い、悲しい、寂しい、落ち込む、俯く、女性

 

 

④自分の中に苦手意識があるから。

過去に失敗したことや、

過去に苦手だった人と似ている人が現れたら、

また同じことが繰り返す気持ちがしませんか?

 

過去の出来事が脳裏に浮かんで、

無意識のうちに「あ、またかも……。」

と同じことを繰り返している可能性があります。

 

 

⑤うまく行かないことを、繰り返しているから。

うまく行かなかったことを、

繰り返しやっていたら、またうまく行かない可能性が高いですよね。

 

 

うまくいかない5つの原因の克服方法!!

①宇宙のリズムに合わせて生きる。

これは、バイオリズムを知って生きるということです。

 

バイオリズムがわからなくても、

精神面が落ちているなとか、身体が思うように動かないなど、

自分でわかることがあります。

 

そんな時は、直感に従い、行動を抑えると良いでしょう。

 

バイオリズムは、ネットを調べるとわかります。

 

様々なものがあるので、

ご自分にあったものを取り入れてみてはいかがでしょうか?

宇宙のエネルギー、流れを掴む、手に入れる

 

②やりたくないことは無理にやらない。

やりたくないことは無理にやらないようにしましょう。

 

自分に無理強いをして、やってもうまく行くものも行かないものです。

 

やりたくないことを頼まれた時は、

断る勇気を持つことも大切です。

 

どうしてもやらなくてはいけない時は、

自分なりのルールを設けてみてはいかがでしょう?

 

例えば、有効なのが、やり遂げたら自分にご褒美をあげるというものです。

 

ご褒美は、やり遂げる途中の過程にあげてもいいのです。

 

こまめにあげましょう。

 

例えば、やりたくないことが仕事の場合、

仕事が3つの行程に分けられるとします。

 

一つの行程が終わったら、スイーツを食べに行く。

美味しいジュースを飲む。

 

手帳に、かわいいシールを貼る、

手帳の日付欄に花マルを書くなど、ほんの些細なことでもご褒美になります。

 

花マルがなぜ、ご褒美になるかというと、

わたしたちは、子供の頃に、学校の先生に何かできると、

○をもらってきました。

 

それをもらうのが報酬になっているのです。

 

これは、自分自身に対してやっても報酬になるのです。

 

 

③相性が良くなかったら、ちょうどいい距離を探す。

相性が良くなかったら、

自分とのちょうどいい距離を探すことが一番です。

 

   ③ー1 仕事との相性が悪いと感じる場合

仕事の相性が悪いと感じる場合、

どうすれば、自分にとって、居心地が良い距離になるのかを掴むのです。

 

例えば、事務仕事が苦手なのにしている場合、

どうすれば、事務仕事が楽しくなるのを考えてみます。

 

②の場合「やりたくないことは無理にやらない」でも

おつたえしましたが、

仕事を細分化して、ご褒美を自分に用意するなりして、

どうすれば、仕事といい距離を保てるかちょうど良い距離を探してみてください。

 

    

   ③ー2 人間関係で相性が良くない場合。

人間関係で相性が良くない場合、

これも相手との適度な距離感を探すことが大切です。

 

時には、離れることが必要な関係もあるでしょう。

 

わたしたちは、みんなと仲良くしないとと思いがちですが、

みんなに好かれることはできないのです。

 

10人いたら、

2人は自分を好きな人。

 

6人は、どちらでもない人。

 

残り2人は、何をしても自分を嫌っている人。

 

に分かれます。

 

何をしても自分を嫌いな人は世の中にはいるのです。

 

その相手に「嫌われないように。」と

努力しても無駄なこと。

 

自分を嫌いな人に無駄な努力をして

時間を無駄にするより、

自分を好きな人、大切な人に

時間を注いだ方が良いと思うのです。

 

 

④自分の中に苦手意識を克服する。

   ④-1 まず、やってみることです。

過去に失敗したことや、

過去に苦手だった人と似ている人が現れたら、

また同じことが繰り返すような気がする場合、

その苦手を克服することが必要です。

 

これは、過去に失敗したことに遭遇したり、

過去に、苦手だった人が現れたら、

 

「同じことが繰り返されるかもしれない。」

 

と思い浮かんでしまいます。

 

 

ですが、

そのことを恐れずに乗り越えると、

 

「ああ、大丈夫だった!」

 

と、この体験が成功体験として、

潜在意識の中に刻まれます。

 

愛、幸せ、受け入れる、自分にオッケー、自分にOK、自分を許す、自分を大切にする

 

   ④ー2やってみることがでいない場合!?

苦手意識が先にたって、

どうしてもできない場合はどうすればいいのでしょう?

 

わたしたちの記憶は、イメージとして潜在意識の中に蓄えられています。

 

イメージが湧いてきて、

 

「この人、苦手かも。」

「これは過去に失敗したことだわ。まただ……。」

 

という思いに至ります。

 

このイメージを書き換えてあげることが出来れば、

苦手意識が無くなったり、薄れていったりします。

 

 

⑤うまく行かないことは、続けない。

うまく行かないことを、繰り返しているやっていませんか?

 

同じことを繰り返しやっていても、

同じ結果になります。

 

例えば、よく飛ぶ紙飛行機をつくるとしたらと想像してみてください。

 

同じ折り方や、飛ばし方では、

距離を伸ばすことは難しいですよね。

 

距離が伸びなかったら、

折り方を工夫したり、

投げ方を工夫します。

 

試行錯誤しながら、どうすれば良く飛ぶようになるのかを

研究するのではないでしょうか?

 

うまく行かないのなら、

同じことを続けずに、どこかを変えてやってみましょう。

 

 

人生を好転させる3つの方法!!

ここでは、人生を好転させる3つの方法をお伝えしますね。

 

1.うまく行かないのは、物事のほんの一点であることを知る。

これは、ポジティブ思考で行こう!!

というお話ではありません。

 

うまく行かない中にも、

うまくいっていた時にやっていたことがあるはずです。

 

例えば、

職場で仕事でミスをして上司に注意された時、

人格すべてを否定されたと考える女性は多いそうです。

 

でも、仕事でミスをしたくらいで、

人格が否定されるものでしょうか?

 

悪人のように思われるのでしょうか?

 

扱われてもいいのでしょうか?

 

違いますよね。

うまくいっていないこと……

 

仕事のミスは人生のほんの一つの点にしかすぎません。

 

対人関係でうまく行かない場合もそうです。

 

Aさんとうまく行かないからといって、

すべての人とうまく行かないわけではないですよね。

 

うまく行かないのは、人生のほんの一部であることを知りましょう。

 

あなたの人生すべてがうまく行かないわけではないことが

わかれば、心が軽くなりませんか?

 

 

2.うまく行かなかったら、違うことをしましょう!

うまく行かないのだったら、

違うことをしましょう!!

 

ただし、すべてを変えてしまうのはやめましょう。

 

物事はトライアンドエラーです。

 

それは、プログラムのバグを発見する作業と同じと考えてみてください。

 

仕事がうまく行かないから、転職するとか、

結婚生活がうまく行かないから、離婚するとか、

 

それは、

プログラムにバグがあったけれど、

はじめから、プログラムを組み直すことと同じです。

 

もっとわかりやすく言うと、

編み物をしていて、途中で目がずれたから、

全部解いて、新しい毛糸を買ってきて編み直すという行為と同じことです。

 

うまく行かないのは、ほんの一部分です。

 

例えば職場で、仕事は好きなのに、

対人関係に悩んで転職するということは、

次の職場で同じような人が現れたら、

また同じことを繰り返すことになってしまうことがあります。

 

結婚生活がうまく行かなくて、

いきなり離婚をしてしまったら、

また同じ過ちを繰り返す可能性だったり、

生活環境が変わって、もっとストレスを抱え込んだりする可能性もあります。

 

うまく行かないのは、原因があります。

 

原因は、あなたの人生すべてではないはずです。

 

その原因を見つけて、そこを変えてあげる。

 

変えてみて、うまく行かなかったら、

また別の方法を試してみる。

 

転職、離婚、転居などは、

最終手段にとっておきましょう。

 

 

3.過去の記憶を癒すこと

うまく行かないのは、うまく行かない理由があります。

 

人間関係でうまく行かない場合、

幼少期の記憶が、影響を与えていることがかなりあります。

 

例えば、職場の上司が仕事に対してストイックで、

部下がミスをすると、人格否定をするくらい怒るとしましょう。

 

その上司は、幼少期に親からそうされてきたのでは?

 

という想像が出来ます。

 

突然、マイナスの感情が湧いてきて

対人関係に影響を及ぼすのは、

子供の頃の家庭環境が原因となっていることがほとんどです。

 

子供の頃の記憶を癒すことで、

マイナスの感情が突然湧いてくることが無くなったり、

あっても少なくなったりするのです。

 

男女間、夫婦間の問題も、

幼少期の影響を与えていることがあります。

 

例えば、嫉妬心が強くて、相手の行動を縛る人。

 

ご主人が、奥さんが外に出るのを嫌がる場合、

子供の頃に、お母さんが働きに出ていたとか、

離婚して両親のどちらかと一緒にいれなかったとか、

そういう思いを潜在意識に抱えていることがあります。

 

それは、ご本人も自覚がありません。

 

 

幼少期に表現したかったけど、

表せられなかった感情のことを未完了の感情と言います。

 

お母さんに、

 

「そんなことで泣くんじゃないの!」

「そんなことで起こるんじゃないの!」

 

そう言われて育つと、

 

「泣いたら、ダメなんだ。」

「怒るのは悪いことなんだ……。」

 

と、子供は感情を抑えるようになります。

 

抑えられた感情は、行き場を無くし、

心の奥底、潜在意識に蓄えられて行くのです。

 

満たされない気持ち、置きざり、悩み、インナーチャイルド

 

それは、きっかけがあるごとに、

表に出てきて、抑えきれなくなるのです。

 

その抑圧した感情を抱いている存在のことを

インナーチャイルドと言っています。

 

人生を好転させるには、

過去の傷ついた自分を癒すのが良い方法です。

 

過去と、現在の因果関係は目で見ることが

出来ないのでなかなか気づくことが難しいでしょう。

 

ですが、自分を癒すことで、

これまでの関係とは、別の関係を築くことが出来るようになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事