【お客様の声】お母さん!わたしを置いていかないで。

お客様の体験談を

ご掲載の許可をいただき、ご紹介いたします。

 

インナーチャイルド、ひとりぼっち、孤独、置いてけぼり

 

 


Kさん、40代女性の方です。

 

先日はセッションをしていただきありがとうございました。

 

事前に当日の流れを教えていただいていたので、

 

「今日は何をするのだろう?」

 

という類の緊張はまったくありませんでした。

 

しかしながら、
セッションが始まる前は
初めてお会いする(オンラインですが)かずえさんのために、
身なりを整えなきゃと思い、
まるでデートに行く前のティーンエイジャーのように
そわそわしていました(笑)。

 

今回は、女性性や恋愛についてのセッションを
お願いしておりましたので、
私的には何かしら父の事が関係しているのかな、
と思っていました。

 

ところが実は母への未消化の怒りが自分の中にあって、
それを以前にお付き合いしていた人に
ぶつけてしまっていたことがわかって、
驚きましたが、納得でした。

 

私はお母さんにおいて行かれて
(母には悪気はなかったとしても)
とても悲しくて怖くて
最後にはとっても怒っていたんだと思いだしたら、
「やっとわかってもらえた」
という感覚になりました。

 

ヒプノセラピーに移行する直前は、
小さな私は、幼稚園の制服に白いタイツをはいて
壁に持たれて大泣きしていました。

 

ヒプノセラピーをしていただくと、
薄暗くて小さな家に、
小さな私が独りで体育座りをしていました。

私に背を向けてなかなかこっちを向いてくれません。

それでも最後には自分の思いを話してくれました。

 

「どうせわかってもらえない」

 

「どうせ私は一人ぼっち」

 

「寂しい」

 

と言っているのを聞いて胸がしめつけられました。

 

私にどうしてほしいか尋ねると、

 

「外に連れ出して欲しい」

 

「大丈夫って言って欲しい」

 

「抱きしめて欲しい」

 

と教えてくれました。

 

私は小さい彼女を抱いて
外に連れ出しましたが、
彼女は私の脚にしがみついて
私の脚をばんばん叩いて大泣きしました。

 

あとから、
これが私がお母さんに言えずに
しまいこんでしまった感情だったのかな、
と感じました。

 

お母さんの脚にしがみついて、

 

「どうして私をおいていくの!」

 

と悲しくて怖くて怒りたかったのでしょう。

 

かずえさんの誘導で、
小さな私を抱きしめて二人が1つになったとき、
胸が温かくなった気がしました。

 

光につつまれて、
アンカリングもできたので、
今でも時時右手をぎゅっと握って
あの時の感覚を思い出しながら、

 

「私はここにいるよ。私達は一緒だよ。」

 

と小さな私に話しかけてあげています。

 

そうすると、笑顔の小さい私がイメージされます。

かずえさんにお話をきいてもらっている
カウンセリングの最中から涙がでましたが、
ヒプノセラピーをしていただいているときは
次から次へと涙が溢れてきて、
私のインナーチャイルドが可哀そうと思うと同時に、
涙をながすことでとてもすがすがしい気持ちにもなりました。

 

今回のセッションでは、
まずはかずえさんに
私の話をたくさん聞いていただいて安心しましたし、

ヒプノセラピーで
より深く潜在意識に入っていくことができて、
私のインナーチャイルドを少しでも癒すことができたと感じており、
とても感謝しております。

 

今回のセッションを糸口として、
他にもある未完了の感情を思い出して、
そのたびに私のインナーチャイルドを癒していければと考えています。

あれから数日経ちますが、
心穏やかにすごせています。

 

かずえさんのセッション以降、
心穏やかに過ごせるとともに、
最近はいろんな人やいろんな事に対して、
自然と感謝の気持ちが湧き上がるようになってきました。

 

家にある家電にでもです。

前までは、
「感謝したら良いことを
引き寄せられるから感謝しよう」
という気持ちが強く、それが嫌だったのです。

 

でも、どうしても自然な感謝は特別なときにしか出てきませんでした。

 

ですので、最近は自然に感謝できるようになり、
ますます自分を褒めたり認めたりが
すんなりできるようになったと感じています。

 

これもかずえさんのセッションの効果だろうな、と思っています。

 

この度はお世話になり
本当にありがとうございました。

これからも、
いろんな方をセッションを通して
楽にして差し上げてください。

 


 

Kさん、ご感想をありがとうございました。

 

Kさんは、はじめ、
子供のころのお父様とのご関係が
女性性や、恋愛に影響を与えているのでは
ないかとお考えでした。

 

ところが、
ご感想にもありましたが、
幼少期にお母さまに対して抱いた感情が
未消化のままで、
今のご自身に影響を与えていたのです。

 

このように、
インナーチャイルドは、
ご本人も気づいていないあのころの思いを

今でもずっと抱えているのです。

 

幸せな家族、癒される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、
「もしかしたら、
今の悩みの原因は、子供の頃にあるのかも……。」
と、気付いたときこそが
ご自分を癒せるタイミングなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事