fbpx

変わりたいのに変われない。幸せに変化するためのルール

変化するためのルールをお伝えいたします。

 

あなたは、

今、すぐに、今抱えているお悩みから逃れたい……

楽になりたい……!

幸せになりたい!

と思ったことないですか?

 

そんな風に望むこと、あるかと思います。

 

けれど、

魔法のように、一晩で今のお悩みから逃れ、

幸せを掴めるようになることは難しいのです。

 

幸せを待つ、幸せを待つ女性、変わりたい、変われない

 

どうしてかというと、

わたしたちには、ある本能が備わっているからです。

 

今回は、わたしたちの本能と、

そして、その本能を知ることで幸せに変化出来ることをお伝えしますね。

 

1.急激に変化できない理由

人は、急激に変化することは出来ません。

 

それは、先ほど述べさせていただきました。

 

ある本能が備わっているからです。

 

それは、

「安定化指向」といいます。

 

今の状態を維持しよう、継続しようと強く働くものです。

 

わたしたちは、今でこそ平和な世の中にいますが、

むかし、むかし、太古の昔……

少しの環境の変化でも、生死にかかわる重大なことでした。

 

野生の動物を想像してみてください。

 

 

ある野生の動物が、山の中で川の近くに住んでいて、

飲み水が確保出来て、

お魚や、木の実などの食べるものも確保出来ていたといします。

 

そして、外敵から身を隠すための、住処もあるでしょう。

自然、森の中、自然に生きる、野生

 

けれど、一旦、その山から離れて、違う山に行くと、

他の動物の縄張りに入ってしまい、

攻撃にあって命に関わることになったり、

 

お魚や、木の実などの食べ物も、

そして飲み水も確保出来ないようになってしまって

何日も彷徨い続けたり……

 

さらに、

 

「もう、ここはダメだ!」

 

と家族みんなで、元いた山に戻ろうとしても、

その山は、すでに、他の動物に奪われているかもしれません。

 

このように、人間も野生で生きていたら、

同じような境遇だったはずなのですね。

 

そう、

その昔なら、

今まで生きてこれたことが奇蹟なのです。

 

野生で生きているのなら、

現状を保っていても、嵐にあったり、

突然、熊や狼などの外敵が現れたりで、

生き延びられるかどうか……だったのですね!

 

今まで生きられたことが奇蹟なのです。

 

だから、わたしたちの本能は

強く、とても強く!

今の状態を維持をしようとします。

 

これまで生きてこれたのだから、この先も生き延びられる可能性が高い!

 

と、生命を守るための本能です。

 

一気に「変わろう!」とすると

ダイエットのリバウンドのように

 

「変わったら、危ないよ!!」

 

って戻されてしまうのです。

 

 

2.変わるためには、○○ずつ!が鍵になる!

「じゃあ、変われないの?」

 

というと、変わる方法はあります。

 

それは、

「安定化指向」、本能をだますことです。

 

安定化指向は、

少しずつの変化には反応しません。

 

あなたは、ダイエットをしたことがありますか?

 

ダイエットの経験がある方ならお分かりだと思いますが、

急激に体重を落とそうとすると、必ずリバウンドがきます。

 

ですが、少しずつ体重を落として行くと、リバウンドしませんよね。

 

どうして、少しずつなら、リバウンドしないかというと、

変化を維持しようという本能があるからです。

 

変化を維持しようとすることを可塑性(かそせい)といいます。

 

ダイエットの場合でいうと、

1ヶ月の間に、10キロの減量をしようとすると、

すぐにリバントしてしまいます。

 

けれど、少しずつ、ゆっくり体重を落としていって、

1年後に10キロ痩せていたとしても、

リバンドしづらいのです。

 

変わるためには、

「少しずつ」というのが

大切なキーワードになります。

 

今のお悩みから逃れ、幸せを掴めるようになるには、

少しずつ、ちょっとずつ変化していくことがになります。

 

 

こちらの動画でも、お伝えしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事