fbpx

未来の自分に会いに行きましょう!未来の自分はどうなっているの?

 

過去の良い思い出を感じられる

 

あなたはタイムマシーンがあったら
過去と未来のどちらに行ってみたいですか?

 

過去に行ってやり直してみたいですか?

 

それとも懐かしい思い出を再体験しに
行きたいですか?

 

未来に行って、どんなことをしているか
見てみたいと思いますか?

わたしは、このどちらも
やってみたことがあります。

どうやって……?

 

そうです。
イメージの中で。

 

 

わたしたちの潜在意識は
イメージの世界です。

 

 

潜在意識は、

想像したことと現実との

区別をつけることが出来ません。

 

 

どうやって体験したのか?

というと、

 

 

ヒプノセラピーという療法で、
体験したのです。

 

潜在意識には、
過去の出来事すべてが
イメージとして記憶されています。

 

膨大な量の記憶の中から
探し出すには「検索」するための
カギが必要になります。

 

 

そのカギになるものは、

 

臭い、手触り、音や、
味、温度や、
見えていたものなどの
五感だったり、

 

怒りや、悲しみ、寂しさ、
喜び、嬉しさなどの感情だったり、

 

その時感じたエネルギーだったりと

様々なものです。

 

過去の出来事、幼少期、楽しかった思い出

例えば、こんな風に思い出していきます。

 

最近あった良かったことは
なんですか?

 

嬉しかったこと、
楽しかったこと、
良かった~って感じたこと。

 

 

何か一つ思い浮かべてみてください。

 

思い出したら、
その時の気持ちを
全身で感じてみてください。

 

感じ切ったら、

この感情と同じ気持ちを感じた
過去の出来事

思い浮かべてみてください。

 

目を閉じて、
過去に遡ってみましょう。

 

 

その感覚は小学生の頃ですか?
何年生くらいの時ですか?

 

それとも

中学生の頃?

 

もしくは
高校生……?

 

 

どうして

 

嬉しかったのでしょう?

 

楽しかったのでしょう?

 

良かった~って感じたのでしょう?

 

 

 

嬉しかったこと。
楽しかったこと。
良かった~って感じたこと。

 

 

それらは、あなたの
大切な大切な人生の一部分です。

 

 

胸に手を当てて
その感覚を感じてみてください。

 

身体全体にその感覚を広げてみましょう。

 

 

広げたら、
右手をぎゅっと握ってみてください。

 

 

右手をぎゅっと握ると
いつでもこの感覚を
思い出すことが出来ますよ^^

 

子供の頃、子供の頃の思い出、子供の頃の記憶

 

 

 

未来を覗けに行けるとしたら?

 

このように、

イメージの中ではなんでも可能です。

 

どんなことでも出来て、
どんな夢でも叶えられます。

 

 

過去へ行くことだって出来るのです。

未来にだって行くことが

出来るのですよ♡

 

セッションをしていて、
クライアントさんが望めば、
未来に誘導させていただくことが

あります。

 

1年後、あるいは3年後、

5年後に誘導させていただき、
未来の生活を体験していただくのです。

 

 

それが、
現実のものになるのか
そうでないのかはその時点では

わかりません。

 

 

ただ、多くのクライアントさんは
ご自分の未来に希望を抱いて、
セッションを終えられることが

多いのです。

 

 

未来への道は幾通りにも分かれています。

 

 

自分が出した周波数が、
同じ周波数の未来を引き寄せます。

 

 

わたしたちの思考は刻々と変化します。

 

 

望む未来をイメージして、
望む未来への周波数を出したとしても、
次の瞬間にはそれを打ち消していることも。

 

 

そうすると、
打ち消した周波数通りの

未来に変わっていくのです。

 

 

だから、
もしかしたら
今、イメージした未来は
確実性はないのかもしれません。

 

 

でも、

 

一度合わせた周波数を

変えないことで、

描いた未来を手に

入れることが出来るのです。

 

 

さて、
そうしたことを踏まえたうえで、
未来を覗きに行ってみましょう。

 

 

次の誘導瞑想を聞きながら、

未来を覗きに行ってみましょう。

 

 

 

 

 

ミラノ自分は何をしていますか?

 

誰といますか……?

 

仕事は何をしていますか?

 

いかがでしょう?

 

 

ゆったりとリラックスした時間を
取って音声をお聞きくださいね。

 

未来、イメージ、幻想的

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加